サプリメント

プロテインお気に入りランキング

こんにちわ!

エニタイムフィットネス東銀座・巣鴨・芝浦、オレンジジム六本木、出張など、東京都内で活動する女性パーソナルトレーナー羽鳥 茉利絵です。

 

筋トレ開始時からこれまでずっと、色々なメーカーのプロテインを日々摂取してきました。

 

 

 

初期の頃はiherb.comで上記のようなアメリカのプロテインをよく購入していましたが、最近は国内メーカーのものを買うことが増えました。

 

何度もリピして買っている私の好きなプロテインをご紹介します。

 

 

 

ランキングの前にまず、なぜプロテイン摂るのか、を簡単に説明します。

 

 

プロテイン=タンパク質

プロテインと言うとプロテインパウダーを意味する言葉として使うことが多いですが、

そもそもプロテイン(protein)はタンパク質のことです。

 

 

タンパク質は三大栄養素のひとつで、人間が生きる上で欠かせない栄養素です。

血液、皮膚、骨、筋肉などのもとになり、

日々分解&再生されていくため、毎日の食事から補給していかないとなりません。

 

 

特に運動をしていない人であれば、体重1㎏あたり1g(体重50kgならタンパク質50g/1日)が健康的な生活を送る上で最低限必要な量とされています。

 

筋トレなど運動をする人は、体を動かさない人よりもたんぱく質の損失量が多くなるため、

運動をしていない人より多くタンパク質を積極的に摂る必要があり、体重1㎏あたり約2g程度摂取(体重50kgならタンパク質100g/1日)が理想です。

 

 

自分の摂っているタンパク質量を知るためには、食べるものを検索したり、食べる前に量を計ったり、

商品パッケージの成分表を見る必要があります。

 

 

食事(主に肉・魚・大豆など)から必要なタンパク質量をすべて摂れれば良いですが、

摂れない場合はプロテインパウダーが圧倒的に便利です。

 

 

プロテインパウダーの良い点

 

・脂質や炭水化物がほとんど含まれないので、栄養管理がしやすい

・咀嚼しなくて済むので時短栄養摂取が可能

・調理などの手間なく簡単に摂れる

・体に吸収しやすく作られている

・美味しいものが多い

 

 

プロテインメーカーのアルプロン

 

 

 

 

 

 

 

プロテインの種類

 

何を買ったらいいかわからない人は、一番選択肢が多く、バランスも優れているホエイプロテインをおすすめします。

 

 

 

ホエイプロテイン(動物性)

原料は牛乳。体内への吸収が速く、筋肉の主成分となる「必須アミノ酸」や「BCAA」が豊富。

 

 

カゼインプロテイン(動物性)

原料は牛乳。吸収はゆっくりなので腹持ちがいい。グルタミンが豊富。

 

 

ソイプロテイン(植物性)

原料は大豆。吸収はゆっくり。カゼインプロテインと同様に腹持ちがいい。アルギニンが豊富。

 

 

 

 

WPC、WPIとは

 

原料の乳清から炭水化物と脂質をろ過して作るWPC(Whey Protein Concentrate ホエイプロテイン・コンセントレート)はタンパク質含有量は約80%ほどで、

 

このWPCをさらにろ過して炭水化物や脂質をより多く取り除いて分離したものがWPI(Whey Protein Isolate ホエイプロテイン・アイソレート)で、こちらはタンパク質含有量約90%です。

 

 

工程が増える分、WPIの方が価格が上がります。

 

WPC・WPIで同じタンパク量を摂るなら、WPIはタンパク含有%が高いので、WPIの方が粉の量はちょっと少なくとります。

 

乳糖不耐症で、WPCだと消化不良になってしまう人はWPIがおすすめです。

 

 

 

⭐️ My Best プロテイン TOP6  ⭐️

 

 

 

第1位

GOLDEN WHEY(ゴールデンホエイ) プレーン

by CHOICE NUTRITION ( チョイス ニュートリション )

 

GOLDEN WHEY(ゴールデンホエイ) プレーン 1KG

 

グラスフェッドプロテインをこの値段で飲める凄さ。

ニュージーランドの広大な自然の中で、
牧草を食べてストレスなく育った牛の乳清(ホエイ)を100%使用し、

人工甘味料・GMO(遺伝子組換え作物)フリー。

 

そのままプレーンだけで飲んでも良いし、

他のプロテインで味の濃すぎるものがあったらプレーンと混ぜて濃さを薄めて飲むこともできます。

 

【栄養成分】

1回分付属スプーン2杯30cc(約30g)あたり エネルギー123kcal、たんぱく質24.09g、脂質1.86g、炭水化物2.1g、食塩相当量0.26g

 

【原材料・成分】

乳清たんぱく(乳成分を含む)、有胞子性乳酸菌

 

 

味付きもあります。

抹茶味もおいしいのです!

GOLDEN WHEY(ゴールデンホエイ)抹茶 1KG

 

 

有機JAS認定の抹茶を使用し、甘味料はステビアだけという徹底ぶり。

本物の抹茶がたっぷり使われていて、抹茶が濃くて、そこらの抹茶味プロテインとは全然違います!

 

 

【栄養成分】

1回分付属スプーン2杯30cc(約30g)あたり エネルギー116.7kcal、たんぱく質20.52g、脂質1.11g、炭水化物6.18g、食塩相当量0.12g

 

【原材料・成分】

乳清たんぱく(乳成分を含む)、有機抹茶、有胞子性乳酸菌/甘味料(ステビア)

 

まだ買ったことはないのですが、ココアストロベリーもあります。

 

GOLDEN WHEY(ゴールデンホエイ)ココア 1KG

 

GOLDEN WHEY(ゴールデンホエイ)ストロベリー 1KG

 

 

別のメーカーのやけに安いグラスフェッドプロテイン(プレーンチョコ)もあるにはあるのですが、上記ゴールデンホエイプロテインの方が味が良いのと、産地がニュージーランドというのが私的に勝手に印象が良くてこちらの方が好きです。

 

 

 

 

第2位

WINZONE PROTEIN WHEY(ウィンゾーン プロテイン ホエイ)

マンゴーミルク味

by 日本新薬

 

 

 

 

 

 

 

 

 WINZONE PROTEIN WHEY(ウィンゾーン プロテイン ホエイ)マンゴーミルク味

 

 

去年のオールジャパンの賞品でいただいたプロテイン。

初めて見るプロテインで、期待も何もなしに飲んでみたら、さっぱりめ&ちゃんとマンゴーの感じありで味にハマりました。

 

すごく細かいマンゴーのつぶつぶが入っていて、それが原材料表記の中にある”マンゴーピューレ”のようです。

 

この商品は栄養添加がされているところが特徴で、プロテインの体内での活用に重要なビタミンB群をはじめとした、必須ビタミン11種に加え、カラダづくりに重要なミネラル3種(カルシウム、マグネシウム、鉄)が配合されています。

医療用新薬メーカー基準の品質!と謳われると、やはり勝手にクリーンなイメージが湧いて個人的に好感度高めです。笑

 

 

【原材料名】

ホエイたんぱく、デキストリン、マンゴーピューレ、ミルクカルシウム/ヒマワリレシチン、微粒二酸化ケイ素、V.C、酸化マグネシウム、甘味料(スクラロース)、乳化剤、香料、ナイアシン、クエン酸鉄、V.E、パントテン酸Ca、V.B2、V.B6、V.B1、V.A、葉酸、V.B12、V.D(一部に乳成分・大豆を含む)

 

【栄養成分表示 1食(29g)あたり】

エネルギー 114kcal、たんぱく質 20.9g、脂質 1.8g、炭水化物 3.6g、食塩相当量 0.12g、鉄 0.7mg、マグネシウム 38.3mg、カルシウム 239mg、ビタミンA 283μg、ビタミン B1 0.47mg、ビタミンB2 0.69mg、ビタミンB6 0.64mg、ビタミンB12 2.58μg、ビタミンC 37.4mg、ビタミンD 1.86μg、ビタミンE 2.13mg、ナイアシン 6.82mg、パントテン酸 1.70mg、葉酸 126μg

 

 

他に、サワーストロベリーミルクバニラリッチバナナマイルドチョコ、があります。

マンゴーミルク以外のフレーバーは香料のみで味を再現してます。

 

 

 

 

 

第3位

Syntha-6 シンサシックス

コールドストーンクリーマリー ・ ジャーマンチョコレートケーキ味

by BNS

 

BSN, Syntha-6, Cold Stone Creamery, Germanchokolatekake,

シンサシックス・コールドストーンクリーマリー・ジャーマンチョコレートケーキ

↑iherb.comのリンクに飛びます

 

 

 

アメリカのサプリメントメーカーBNSのシンサ6シリーズで、

アイスクリーム屋のコールドストーンとコラボした商品。

 

チョコ系の味のプロテインはだいたいどれも無難にハズさないものが多いなか、

これはダントツです。マジでただの美味しいチョコシェイクです!

こってり濃いめのアメリカンなプロテインです。

コールドストーンシリーズは他にも味があり、いろいろ試しましたがこの味が1番好きでした。

香りも良いです。

 

シンサ6は、脂質や炭水化物の含有量が他のプロテインより少々多めなのが気になる点ではあるのですが、そのせいでかとても美味しいです。笑

減量中は脂質量・炭水化物量の少ないプロテインを選びましょう。

 

 

 

 

第4位

プロテインホエイ100 抹茶味

by  DNS(ディーエヌエス)

DNS プロテインホエイ 抹茶 1050g

 

 

これは一体何袋買ったかわからないくらいリピしまくりました。味が好きです。

とても飲みやすい、抹茶ラテみたいなプロテインです。

親や叔母にも飲ませたことがありましたが、普通に美味しいね〜という感想でした。

 

350g入りのお試しサイズもあります。

 

以前のパッケージはマッチョの写真だったのですが、シンプルなパッケージに変わったようです。

 

 

1食(35g)あたり:

エネルギー:138kcal、たんぱく質:24.6g(無水物換算値:25.6g)、脂質:2.4g、炭水化物:4.4g、ナトリウム:118mg(食塩相当量:0.3g)

 

原材料:

ホエイたんぱく(乳成分を含む)、緑茶、抹茶、食塩/香料、乳化剤(大豆由来)、甘 味料(スクラロース、アセスルファム K)、着色料(紅花黄、クチナシ)

 

 

 

 

 

第5位
ビーレジェンド  ホエイプロテイン  ベリベリベリー風味

 

ビーレジェンド ホエイプロテイン ベリベリベリー風味  1Kg

 

 

このベリーが出た時は衝撃でした。

プロテインてたいていミルク系の風味のものが多いのですが、

これは酸っぱめ&さっぱりな味わいなのです。

これも味が好きで何度も購入しました。

 

 

原材料・成分:

乳清たんぱく(乳成分を含む)、果汁混合粉末(マルトデキストリン、カシス果汁末、ラズベリー果汁末、クランベリー果汁末、ブルーベリー果汁末、ボイセンベリー果汁末)、カシスエキス/クエン酸、香料、甘味料(スクラロース)、乳化剤(乳・大豆由来)、ビタミンC、ビタミンB6、サイクロデキストリン

 

ビーレジェンドはフレーバーがすごく沢山あり、

お試しサイズのセット販売もあり、このベリー味も入っています。

 

 

ビーレジェンド ホエイプロテイン お試しパック 29g 7種 スタンダードセット

 

 

 

ビーレジェンドは他にミルキーが好きです。

本当にミルキーそのままの味!

 

ビーレジェンド ホエイプロテイン ペコちゃん ミルキー風味1kg

 

 

 

 

 

第6位

ホエイプロテイン ピュアアイソレート  メロン風味

by ファイン・ラボ  

 

ファイン・ラボ  ホエイプロテイン ピュアアイソレート メロン風味 1kg

 

 

こちらはWPI(ホエイプロテイン・アイソレート)の商品です。

これも味にハマってリピでした。さっぱり系だと思います。

他の味も買いましたが、私にはメロンが一番でした。

 

 

原材料 :

乳清たんぱく、メロンジュースパウダー、酸味料(クエン酸)、香料、乳化剤(大豆由来)、甘味料(スクラロース)

 

栄養成分 :

(100gあたり)エネルギー 367.6kcal たんぱく質 86.8g 脂質 1.2g 炭水化物 2.4g ナトリウム 160mg 栄養成分表

(付属スクープ2杯(約20g))エネルギー 73.4kcal たんぱく質 17.4g 炭水化物 0.5g 脂質 0.2g 

 

 

 


 

 

以上、お気に入りプロテインランキングでした。

 

私の場合、商品の成分なども見るのですが、結局は味が好きかどうかが最も重要かなと思います。

味が合わないと飲みたくなくなるので。。。

 

海外のプロテインも大好きだったのですが、今は国内ものの味に落ち着いています。

国内メーカーのものの方が味がくどくないものが多いかと思います。

 

 

BCAAやEAAも同じで、味が気に入った商品が長続きしています。

BCAAなどについても改めて記事にします。

 

 

プロテインは水でシェイクします。

牛乳や豆乳で作るととても美味しいですが、そこで余分なカロリーを摂りたくないので、私は水で作っています。

 

 

シェイカーに先に水200~300mlを入れて、その後にプロテインパウダーを入れて、蓋をしてめちゃくちゃ振りまくります。

ダマになりやすい商品の場合は、とくに念入りに振ります。

泡立ちは気にしません。笑

 

シェイカーはなんでもいいです。1つ用意しましょう。

一番よく見るザバスのシェイカー

 

 

 

もう一つ、味が好きだったプロテイン、既に廃盤らしくもう売っていない「エクスプロージョン・ココナッツミルク味」。

 

エクスプロージョンは3kg~の大袋がメインのプロテインです。

本当にココナッツミルクを飲んでいるような感覚で、ココナッツ好きとしてめちゃくちゃ感動したのでした!